今まで何度となく引っ越しを経験してきましたが、全て違う業者に頼みました。

引越しの際、これだけは傷つけられたくないモノ
引越しの際、これだけは傷つけられたくないモノ

今まで何度となく引っ越しを経験してきましたが

★ 女性 34歳
今まで何度となく引っ越しを経験してきましたが、全て違う業者に頼みました。
自分たちだけでやった引っ越しもありました。
運が良かっただけかもしれませんが、今まで一度も荷物に傷をつけられたことはありませんでした。
気が付いてないだけかもしれませんが、嫌な経験はありませんでした。

中でも、電化製品は絶対傷はつけてほしくないです。
特に、テレビの画面は注意してほしいです。
電化製品は高価なものも多いので、傷つけられるような心配はほとんどないように、業者の方々もものすごく配慮してくださっています。自分でやれないということで不安もあるので、一応ひとつずつ運び出される荷物をきちんと見届けていました。

荷物ではありませんが、引っ越し先の部屋を傷つけられるのも、嫌です。
引っ越し先には、あらゆる布という布を集め、それを敷き詰めてから、荷物を置いてもらいました。
念には念を入れないと、傷ついてしまってからでは遅いのでオーバーにやっています。
そのお陰で、綺麗な状態のまま新生活を送れるので、気持ちがいいです。

引越しの時、絶対に大事に慎重に扱ってほしいのがピアノです

★ 女性 29歳
引越しの時、絶対に大事に慎重に扱ってほしいのがピアノです。

社会人になって給料を貯めて、やっと買った私の宝物なのです。
これを買うために、当時は少ない給料の中からやりくりして貯金していました。
ほしかったブランドの新作も我慢し、メイク用品もけちけちして使って、お弁当で食費を抑えるなど、我慢に我慢を重ねてようやく買った大事なものです。
今は子供も練習に使っているけれど、私も気分転換に弾いたり、夫婦で連弾するなどして大切に使っています。
そんな思い出深い大切なピアノなので、もし引越しするとしたら、絶対に傷つけられたくないし、そのために細心の注意を払ってもらいたいです。
あと、夫が趣味で集めているプラモデルも繊細なものなので、傷つけずに運んでほしいです。
なかなかお金のかかっている趣味だから、できれば自分で責任を持って運んでほしいくらいです。

引越しの時にはバタバタしてしまいますが、これらだけは絶対に傷つけられたくないので、慎重に対応してほしいと思います。

Copyright (C)2016引越しの際、これだけは傷つけられたくないモノ.All rights reserved.